超解説!凸凹ニキビ跡を治す方法〜気になる疑問はココで解決

ニキビ跡ができるメカニズム

ニキビというのは段階があるというのはご存じだと思います。

毛穴の出口が塞がり、そのなかに古い角質や皮脂が混ざった角栓が詰まってできる白いブツブツや角栓が酸化した黒ずみなど いわゆる白ニキビや黒ニキビというものがありますが、これらはあくまでニキビの初期段階であってまだニキビではありません。

ニキビというのはその段階からさらに悪化して毛穴に炎症が起こったものをいいます。

さて、ニキビができている毛穴は炎症を起こしているので赤く腫れてしまっていたり、触ると痛かったり、白い膿がたまっていることも多いです。 ニキビ跡というのはこの炎症が引き起こす肌ダメージの傷跡です。

炎症が度合いがひどかったり、炎症を起こしている期間が長引いてしまうとそれだけ毛穴の皮膚組織がダメージを受けてしまうのでそれがさまざまな傷跡として残ってしまうんですね。

・毛細血管が破壊されて血の色が色素沈着として残ってしまうもの
・毛穴に発生した活性酸素への防衛反応として放出されたメラニン色素
・真皮の細胞にまで炎症が達して、コラーゲン線維などを傷つけてしまったもの

肌に凹凸状のクレーターのようなニキビ跡が残ったり、ケロイドのようになったものが残るは一番ひどいタイプのニキビ跡で、 真皮にまで炎症のダメージ進行してしまったものになります。

ニキビを潰すからニキビ跡になるわけではない

ニキビをつぶしてしまうと跡になりやすいという話はよく聞きますよね。

確かに不潔な手や指でニキビを触るとそれが刺激になってニキビが悪化してしまって、その結果としてニキビ跡ができるとも考えられるわけですが、 お話したようにニキビ跡というのはあくまで毛穴の中の炎症であり、炎症の強さによるものです。

なので、白ニキビや黒ニキビの段階できれいに毛穴詰まりを除去すればニキビ跡になるどころか治るスピードが早くなるということもあります。 ニキビをつぶすことがそのままニキビ跡になるわけではないんですね。

ただ、ニキビを潰す場合は潰し時というのがあるのでそれを間違えてはいけません。炎症をおこしていない毛穴詰まりの状態であれば基本的に潰しても大丈夫です。 お風呂上りの皮膚が柔らかくなっている状態のときに消毒したコメドプッシャーなどの専用の器具を使って潰すのがベスト。

爪で潰すのは肌ダメージが強いので専用の器具を使ったほうがいいと思います。

赤く腫れてしまって、痛みがある状態のニキビは触らないほうがいいです。かりにもし潰すつもりはなかったのに何かの拍子で炎症しているニキビを潰してしまったときは、 抗炎症作用や殺菌作用のある医薬品を塗ってできるだけ触れないようにして経過を見守りましょう。

心配なら皮膚科に行ってください。

『凸凹ニキビ跡の基礎知識』の他メニュー