超解説!凸凹ニキビ跡を治す方法〜気になる疑問はココで解決

ニキビは化粧品ではなく医薬品で治す

ニキビができてしまったらそこからは医薬品を使って治しましょう。

ニキビを予防するのであれば皮脂の分泌を抑えたり、毛穴詰まりを防ぐためにスキンケアを意識するということは大切なんですが、 できてしまったニキビについては化粧品ではなく医薬品を使ったほうが早くキレイに治るはずです。

これまで皮膚科でのニキビ治療というと炎症を起こしたニキビに対して抗炎症作用があったり、殺菌効果のある外用薬や抗生物質が処方されていたわけですが、 2008年の10月にディフェリンゲルの保険の認可が下りてからはニキビの初期段階である毛穴詰まりにも医薬品でアプローチできるようになりました。

ニキビのできはじめから確実な効果が期待できる医薬品を使えるようになったということはそれだけニキビの炎症リスクも減るということなので、 ニキビが悪化して炎症がひどくなる素因を持つ人にとってはきれいな肌を維持しやすくなったということがいえるわけです。

実際、テレビCMなどで必死にPRしているせいか徐々にではありますが、ニキビ治療を受けに皮膚科にくる患者さんも増えているとのこと。 ただ、圧倒的に女性のほうが多いようでニキビが重症化しやすい男性はひどくなってからやっと来るというケースが多いみたいです。

皮膚科によってはただ、毛穴詰まりや炎症したニキビを治療してくれるだけでなく、ホルモンに問題があるようであればホルモンに働きかける治療であったり、 体質改善のために漢方薬を処方してくれるところもあるので、非常に効果的な包括的なニキビ治療が受けられるところもあります。

皮膚科で処方してもらえるディフェリンゲル&ダラシンTゲル

ディフェリンゲルは、日本皮膚科学会も推奨する今現在最も処方されているであろうニキビ治療薬です。 配合されているアダパレンという成分には角質を剥がす作用があり、ニキビの原因となる表皮の角化異常を防ぐことが出来ます。

ニキビ(=毛穴詰まり)は皮脂の増加と角化異常などによって毛穴が塞がるという2つ条件が重なることでできますが、 ディフェリンゲルは毛穴が塞がるのを防いでくれるので結果としてニキビを予防することができます。

このディフェリンゲルと一緒によく処方されるのがダラシンTゲルという治療薬です。

ダラシンTゲルは、抗菌作用や殺菌作用に優れている抗生物質の塗り薬で毛穴のなかで皮脂をエサに増殖しようとしているアクネ菌を殺菌して 炎症を起こすのを防いでくれるものです。炎症しなければニキビはただの毛穴詰まりで終わるので肌へのダメージも少なくて済むわけですね。

どちらのニキビ治療薬も毛穴詰まりの出来始めから毛穴が炎症を起こす手前ぐらいのニキビによく効きます。(※炎症が起こってしまったものに対しては飲み薬の抗生物質が処方されることがあります。)

ただ、ディフェリンゲルもダラシンTゲルも共通して肌への刺激や赤み、つっぱり感などの乾燥といった副作用もあるので使用する際は保湿ケアもあわせて行う必要があります。

保険が適用されるのでディフェリンゲルは1本約600円の負担、ダラシンTゲルは1本約150円の負担です。その他ビタミン剤などを処方されることもありますが、 皮膚科でのニキビ治療は月1,000円かかるかかからないかぐらいなので経済的な負担も少ないといえます。

『凸凹ニキビ跡の基礎知識』の他メニュー